×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北海道ツーリング2015 9日目編(7/20)


DJEBEL250XC

我ながら酷い積載だなあ。

DJEBEL250XC
 幸いなことに、今日も晴天だった。
 単車の上にシェラフを干して、テントの上でシェラフカバーを干すのが拙僧のスタイル。


DJEBEL250XC DJEBEL250XC
 建屋も怪しいが親父さんはもっと怪しい。
 しかし、旅人に優しいスポット。
 なるべく永く続けてほしい。
 

DJEBEL250XC DJEBEL250XC
 有名なペシ岬だが、登るのが億劫のなので見るだけにする。
 そうこうするうちに稚内行のフェリーが来た。


DJEBEL250XC DJEBEL250XC
 さらば利尻島。


 昨晩は礼文島よりは多少手薄な装備で寝たが、寒くはなかった。ただ、テントが崩壊する夢や雪が降ってくる夢を見たから、少なからず不安だったのだろう。朝食は昨日、セイコーマートで買ったおむすびのみである。天候は最高で8:00には半袖のTシャツで十分だった。後で聞いたら、利尻島では晴天が連続するのは珍しい事らしい。
 シェラフとポンチョを単車にかけて干し、ゆっくりとストレッチをする。今日の稚内行きのフェリーは14:25発だからのんびりする。利尻島で行きたいところは昨日行ったしな。ところで気がかりなのはゴムバンドの括りつけで、結び目を作ってキャリアに引っかけるだけでは心もとない。それで大きなカラビナをゴムバンドの端に結び付ける良いのではと思いついた。なのでホームセンターが開いていることを祈って単車をだす。まだ、9:30くらいだったから開店前かもしれないしな。幸い、ホームセンターは開店していて大きなカラビナを4つ手に入れることができた。干したテントを畳み、パッキングを済ませても10:00過ぎだった。眉倶楽部でタコカレーを食べるのも早すぎると思ったが、ひとまず向かうことにした。
 残念ながら、親父さんが言うには米を炊いていないので時間がかかると言うことだった。ご飯が炊けるまでどこかへ行ってみたらと言われるのだが、特に行きたいところはないというと、店内(というか居間だな)で休ませてくれるというので待つことにした。明日からは再び距離を稼ぐツーリングになるので、今日はのんびりしたいのだ。3連続のテント泊だったので、稚内では再び稚内モシリパYHを予約してある。久しぶりにベットで寝たいしな。コーヒーを飲みながら、話好きの親父と談笑し、カレーは11:30頃に出てきた。ワカメの味噌汁はサービスだそうだ。久しぶりに食べるカレーの味と触感のあるタコはなかなかのものだった。12:30頃にオーナーに代金を払い店を出る。800円だったから、あのコーヒーもサービスだったわけだ。良い店というか親父さんだなあ。怪しげな建屋は取り壊し寸前らしいのだが、なるべく永く旅人を見守ってほしいものだ。
 フェリーターミナルに着いても、稚内行きのフェリーの受け付けは13:30からだという。1時間以上待つので、セイコーマートに戻って90円コーラを買った。何だかセイコーマートって凄いなあ。ここでもカシオペアを出してレポートを書く。やがてチケットセンターが開き、利尻島ともお別れだ。1時間40分のフェリーの旅は終わり16:10過ぎに稚内港に到着。

DJEBEL250XC DJEBEL250XC
 好天のなかフェリーは進む。
 あれに見えるはオロロンラインか。


DJEBEL250XC DJEBEL250XC
 礼文島行きらしいフェリーとすれ違う。
 いい旅しろよ〜。


DJEBEL250XC
 北防波堤ドームを海側から見る。


DJEBEL250XC DJEBEL250XC
 稚内に到着。


 宿は行きと同じ稚内モシリパYHである。3連泊のテント生活に疲れてベットが恋しいのだ。早速、風呂に入り洗濯と乾燥である。乾燥機が回っている間に食材を購入。今日はスーパーの海鮮ロール巻きとスパークリングウォーターだ。久しぶりにノンアルコールデイにしたのである。天気予報で不吉なニュース。明日は天気が持ち堪えるが、明後日と明々後日が雨なのだ。1泊を挟んで大雪の三国峠を超えるつもりだったのだが、雨の大雪は凍えるだろう。どこかでビバークする必要があるな。本来は稚内から宗谷岬に向かって紋別から山に入り、滝上という所でキャンプを張る予定だったのだが、とてもキャンプどころではない大雨のようだ。紋別に1泊4900円のビジネスホテルを見つけたのだがパッとしないなあ。
 ツーリングマップルとガイドブックで名寄にYHを見つける。ここはオーナーが単車乗りで屋根付きのオートバイ用ガレージがあるようだ。これならキャンプ用品も濡れずに済む。雨は二日続く予定なのでひとまず3泊を予約した。停滞が続くと後の日程に影響がでるが、ずぶ濡れの北海道ツーリングは荒行みたいなものだからな。ご飯は夕食だけお願いした。何でも朝食は自家製のパンが食べ放題らしいんだけど、拙僧はツーリング中は食が細いのとダイエットを兼ねているので食が細いのだ。ひとまず、明日は一日中、天気が良いらしいので久しぶりに距離を稼ぐツーリングができそうだ。
 YHの同室はイカにもデリケートそうな今時珍しい鉄道青年で、何だか面倒くさそうなので、挨拶以上の会話はしなかった。21:00にはウォークマンでAIKOを聞いてたが、何時の間にか寝ていた。


走行距離:12km

 では、北海道ツーリング2015 10日目編(7/21)をご覧頂きたい。



(了:2015/9/1)

ふらふらさせてくれないか?メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る