×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北海道ツーリング2015 16日目編(7/27)


DJEBEL250XC

サロマ湖で記念撮影。

DJEBEL250XC DJEBEL250XC
 サロマ湖の道の駅でホタテ焼きを食べる。

DJEBEL250XC DJEBEL250XC
 久しぶりの蕎麦だったが普通かなあ。


 6:00起床。キャンプ場の皆さんには申し訳ないが、買い出しに行かないとなのよ。思うに携帯電話のバッテリーチャージャーが上手く機能しなかったのは100円ショップの電池のせいだと思ったのだ。テントサイトから離れた場所まで単車を押し、キックでエンジンをかける。キャンプ場下のセブンイレブンでエボルタと野菜ジュースとピーナッツロールパンを購入。バッテリーチャージャーにエボルタを挿入して携帯電話に繋げたら、スグに電源が入ったよ。流石、エボルタだねえ。今日は斜里の友人宅でお泊りさせていただくのだ。17:30に集合なので時間をつぶさなければならない。幸いなことに天候は良好だった。
 時間の潰し方だがサロマ湖まで行くことにした。日の当たりが良いので十分にシェラフとポンチョを乾かして9:30頃に出発。R334から斜里を通りこしてR244から網走方面へ向かう。網走はちょっとした街で久しぶりに片側2車線のワイディングロードを飛ばす。もっとも市街地で交通量も多いから取り締まりも含めて気をつけないとな。しかし、R238からサロマ湖に向かうが、遠い。そろそろサロマ湖に着いたと思ったらずっと手前の能取湖だった。そこからサロマ湖までが長いのだ。北勝水産に向かうのだが、たどり着くとお土産屋&レストハウスが火災で休業中だった。名物のほたてバーガーは大して興味はなかったが、何かしらのほたて料理が食べたかったので残念。なので更に単車を「道の駅サロマ湖」まで進める。結局、ほたての貝柱が2つ乗った「ほたての醤油焼き」400円を頂いた。そうこうするうちに腹が減ったのでツーリングマップルにも載っている蕎麦屋で食す。まあ、普通の蕎麦だった。
 国道からはロクにサロマ湖が見えないので道道442に入る。サロマ湖が見える駐車場で仮眠。暖まった煉瓦が背中に気持ちよい。気付くと30分ほど寝ていた。疲労の回復が全く追いつかないな。単車をキックでかけ、斜里へ向かう。時刻は14:30。斜里には15:30には着くだろう。斜里の道の駅でインターネットをちょっと見て、合流場所のコインランドリーで洗濯をしながらカシオペアでレポートを書く。
 17:30に友人と合流。友人の別宅は立派なもので屋根付きのガレージに単車を入れさせて頂く。ありがたいなあ。地元の幸を頂き、フィルムやカメラ関係の部品について話の花を咲かせる。旅先で友人に会うというのは本当に楽しいものだ。
 妻と電話で話し、用意していただいた布団で久しぶりにちゃんとした環境で寝た。


 では、北海道ツーリング2015 17日目編(7/28)をご覧頂きたい。


(了:2015/9/14)

ふらふらさせてくれないか?メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る