×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紀伊半島縦断キャンプツーリング 5日目編(5/22)


R1-Z

このタイヤは終わっています。

R1-Z
 御在所SAで休憩。
 橿原市に迷い込まなければ、スムーズに帰れたな。

 チェックアウトは8:30からだったが、出発は10:00近くにした、今日は三河に帰還するだけだ。予定としては、あと1日空けており、志摩湾でゆっくりすることも考えていたのだが、よくよく考えたら伊勢サミットがあるので呑気にキャンプを張っている場合ではない。ルート的には橿原市の混雑を避けたいのでR169を北上し、R370に左折して北上を続けてからR369に続き、更に北上して針ICで名阪国道に乗る予定だった。ところが、気づくと山間を抜け、結構な街並みの中に入り込んで立ち往生してしまう。あまりにもおかしいと地図を見たら近鉄の「あすか駅」の近くだった。ああ、もろに橿原市の中心部に向かっているじゃないか。しかも、こんなに街中まで入るまで道を間違えたことに気づかないってどうよ。また、調子よく回してしまったのでR370へ向かう交差点を見逃してしまったようだ。最終日まで道に迷うなんて、拙僧はもしかしたら馬鹿なのだとろうか。ともかく、こうなったら中心部まで行ってR165を東進するしかないな。
 混雑していたR165だったが、街を離れるにつれて交通量は少なくなった。途中で「針IC」と道路標識があったので左折。かなり狭い街中を通って山間部に入り、くねくね道からやっと道が開けたと思ったら「二輪通行止め」ときたもんだ。何だと、この野郎。渋々、R165に戻ってやっとR369に合流、北上して針ICから名阪国道に上った。
 拙僧は高速道路では回さないのでタマに遅い四つ輪を抜くとき以外は5000回転をキープ。そうこうするうちにパトカーが表れたのでペースメーカーとして追随する。御在所SAでコーヒーを1杯飲んでガソリンをチャージ。湾岸道からR1に逃れて15:00半ばには三河の駐屯地に着いた。橿原で迷わなければ、あと1時間弱は早く帰れたなあ。

 前回の紀伊半島縦断キャンプツーリングではテントを単車を落とすなど、あまり運に恵まれなかかったが、今回は回せるところでは回す事ができ、回せないところでもそれなりにやり過ごすことができた。潮岬でキャンプを張れなかったのが若干残念だが、おおむね満足なツーリングだった。しかし、道には迷った。これは拙僧が回すのばかりに夢中になって、その他の注意が散漫になっていたのだな。これは反省である。
 ハイグリップタイヤのダンロップTT900は今回のツーリングで完全に終わってしまった。このタイヤはR1−Zを購入した時に初めからついていたもので、店員からも「あっという間に無くなりますよ」と言われていたのだ。実際に2000km+αで無くなってしまったのだが、お蔭で元気よく走ることができた。もっとも、思いキャンプ装備を積むキャンプツーリングには全く向かないな。困ったのは2stオイルの消費量が半端ではなく、2日に1lのヤマハオートルブが1缶無くなってしまうことだ。7月のロングツーリングではプランニングに知恵を使いそうだ。もっとも、オートバイ屋の主治医に話したら、流石におかしいので調べてくれると言っていた。
 今回のツーリングは天候にも恵まれ、大変満足だった。


 走行距離:261km



(了:2016/5/27)

ふらふらさせてくれないか?メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る