×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゼニット3M+ヘリオス44(58mmF2)の作例
バンクーバ・カラー散歩
紫のコーティングが美しいレンズですが逆光には非常に弱く、少しでも太陽光線がレンズにかすると途端にフレアがかってしまいます。順光かショウウィンドー等の室内で無いと安心できないレンズです。それさえ気をつければ、写り具合は普通のレンズです。
謎の光線
画面の左下に赤い光線漏れ、また中央にも青白い光が確認できます。フィルム周辺の光線漏れは兎も角、中央の光と言うのはどこから来ているのでしょう?赤い光線漏れが人の顔にも見える為、管理人は自縛霊だと考えています。
バンクーバ・モノクロ散歩
割としょうも無いレンズだと思うのですが、T400CNで撮影したせいか緻密な印象を受ける写真に仕上がっています。作例はDPによるカラー印画紙の物ですが、自家プリントで以外な良さが出てくるかもしれません。

ちょい古カメラの紹介へ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る