×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Aiニッコール28mmF3.5について
 古い設計のレンズの特徴として、F3.5と言うくらいレンズながら広角レンズとしては前玉も大きく、大柄なレンズと言えます。基本的な設計を継承しながら随分長期間に渡って生産されていたレンズらしく描写も安定していますし、同年代の他レンズに比べて歪みや逆光時の破綻も少ないと思われます。今更、安ズームの暗さを持つ28mm短焦点レンズを持ち出す理由にレンズの描写力云々はナンセンスでしょうが、管理人は気に入っています、コントラストが出ない所が。最短撮影距離は0.3m。
                   ☆                   ☆
 28mmと言う焦点距離は廉価な標準ズームでカバーする範囲であり、F値の暗さからもスペックとして現在に特筆すべき物は無く中古市場でも安価で手に入る物です。管理人は使わなくなったファンスキーと交換に友人からFM10付きで手に入れました。後玉にうっすらとカビ後があるのですが、これがコントラスト等に影響しているのかは管理人にはわかりません。多分、しているでしょう。
 管理人は広角レンズを開放で使い事は無いのでF値の暗さは殆ど問題にしていないのですが、長らく広角レンズは20mm一本で使ってきた管理人は28mmと言う焦点距離は以外に使いにくく感じています。
 何時かは冬の北京や日本海の漁港などを撮影したい物です。

  
Aiニッコール28mmF3.5
昭和記念公園散歩
近所の子供会
その他・カラープリント
この様な夕日や秋冬の少々寂れたスナップに最適なレンズかと思われます。みずみずしい描写を生かすレンズではありませんね。
どう言うわけだか、近所の子供会のオフィシャルカメラマンとしてボランティアで参加しました。写ってるお子さんの家庭に其々プレゼントしたのですが特にお礼を追われた記憶もありませぬ。別に良いんですけどね、印画紙だって結構お高いんですよねえ。
左端の写真はこのレンズで撮影したと記憶しているんですが、随分ビビットな色が出来ているのでコシナ20mmだったのかなあ、このレンズだとこんなに透き通った鮮やかな青にはならない気がする。管理人の目がいかに当てにならないかを証明しているのですが・・・。
秋の榛名山
管理人の先入観も合って秋冬や夕方のネガが多いレンズです。逆光に強いと言う訳ではないのですが、管理人は大して気になりません。当時としては安物レンズでは無かったでしょうし。
新宿御苑素人撮影会
28mmってなかなか使い辛く感じているのですが、今回は良いポートレイトになったと思います。

ちょい古カメラの紹介へ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る